ホーム  >  空き家放置は危険?有効な活用方法

空き家放置は危険?有効な活用方法

空き家を放置すると、老朽化による倒壊や不審者の侵入など様々なトラブルが起こる可能性があります。放置していても固定資産税はかかるため、上手く活用するのがおすすめです。

板橋区にある徳丸住宅販売では、不動産活用や不動産売却をサポートいたします。

空き家の定義について

空き家の定義について

総務省が2013年に発表した全国の空き家の数は820万戸と言われています。年々空き家の数は増加傾向にあり、2014年には「空き家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されました。

そもそも空き家とは、居住もしくはその他の使用が行われていない住宅もしくは建築物のことです。具体的には1年間の人の出入り、水道・電気・ガスの使用料などを見て総合的に判断します。

従来は所有者の許可なく家の中や敷地内に入ることは住居不法侵入に値するため、空き家に立ち入って調査することができませんでした。整備法が改正されたことで、自治体などが敷地内に入って調査することが可能となったのです。

空き家の活用法について

空き家の活用法について

人が住んでいない住宅を放置していると、それだけ無駄な税金(固定資産税)を支払い続けることになります。空き家は放置するのではなく、有効活用していきましょう。その方法には、売却と再利用の2通りがあります。

売却の場合は、不動産売却サービスを上手に活用するのがポイントです。所有している不動産を少しでも高く売却できる不動産会社を見つけるためにも、数社へ査定・見積り依頼をするのがおすすめです。近年では一括査定ができる不動産売却サービスもあります。

再利用して利益を得る方法もある

空き家の有効活用方法として、再利用という選択肢もあります。

売却すれば一時的に大きな収入を得ることができますが、大切な不動産なので売却したくないという場合は、空き家をリノベーションして店舗や賃貸住宅にすることもできます。もちろん、更地にして駐車場や賃貸住宅などにすることも可能です。

板橋区で不動産売却をお考えでしたら、地域密着型の営業を行っている徳丸住宅販売へお任せください。徳丸住宅販売では、板橋区を中心に無料査定や仲介などを通して不動産売却のサポートを行っています。

長年培ってきた経験を活かして様々なニーズに対応していきますので、お急ぎの方もお気軽にご相談ください。

不動産売却は板橋区の徳丸住宅販売へ

会社名株式会社徳丸住宅販売
住所〒175-0083 東京都板橋区徳丸2丁目14−6
TEL03-3550-3666
FAX03-3550-3663
MAILinfo@toku-maru.co.jp
URLhttp://www.toku-maru.co.jp/
代表取締役三根 憲史
資本金3000万円
事業内容不動産の売買 ・ 仲介業務
中古マンション ・ 新築一戸建 ・ 中古戸建 ・ 土地の販売
賃貸住宅 ・ 一棟マンション等の販売
賃貸管理 ・ 賃貸仲介業務
設立1979年3月2日
所属会員(社)東京都宅地建物取引業協会
(社)全国宅地建物取引業協会
免許番号東京都(8)第56307号
主要取引銀行■りそな銀行
■三井住友銀行
■みずほ銀行
■三菱東京UFJ銀行
■西京信用金庫
■東京信用金庫
■巣鴨信用金庫
グループ会社株式会社MTデザイン (旧:株式会社まるとくリフォーム)
〒175-0083 東京都板橋区徳丸2-14-6
フリーダイヤル:0120-117-304
TEL:03-3550-3684 FAX:03-3550-3685
★詳しくはコチラをクリック!★

店舗紹介



板橋区分譲マンションギャラリー
お客様の声
スタッフ紹介
スタッフブログ

徳丸住宅販売のマンションリフォーム

住宅ローン相談
板橋区 学区一覧
板橋区役所


ページトップへ