ホーム  >  人が集まるリビングダイニングは家の中で最も重要

人が集まるリビングダイニングは家の中で最も重要

夢のマイホームとしてマンションの購入を検討した際、どのような条件で物件選びを行いますか?リビングダイニングで家族団らんが楽しめるように、間取りから選ぶのもおすすめです。

こちらでは、間取りからマンションを選ぶコツをご紹介いたします。板橋区でマンション探しをするなら、ぜひ徳丸住宅販売をご利用ください。

リビングダイニングの間取りには2つのタイプがある

リビングダイニングの間取りには2つのタイプがある

リビングやダイニングは、家族が集まるとても大切な場所です。起きている時には、ほとんどの時間をリビングダイニングで過ごすという方も多いのではないでしょうか。

特にお子様が小さいご家庭では、リビングダイニングでご家族一緒に時間を過ごすことも多いです。そのため、マンションを選ぶ際には、リビングダイニングの配置は重要な要素になります。

一般的なマンションの間取りでは、リビングとダイニングが縦に並ぶ縦長タイプと横に並ぶ横長タイプがあります。どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあるので、ご家族のライフスタイルに合った間取りを選ぶことが大切です。

横長タイプのメリットとデメリット

横長タイプのメリットとデメリット

横長タイプの場合、リビングにもダイニングにも大きな窓があるので全体が明るくなるのがメリットです。部屋が明るいと解放感があり、料理をするのも楽しくなります。

リビングダイニングの奥にもう一部屋ある場合は、建具を取り外すと一体的に使えるようになっていることもあるため、空間が自由に使えるのも横長タイプの魅力と言えるでしょう。

しかし、横長タイプは窓が大きい分壁が少ないので、家具が配置しづらいといったデメリットもあります。構造によっては、リビングダイニングに接する部屋にエアコンの取り付けが難しくなったり、照明の関係で薄暗くなってしまったりすることもあるでしょう。

独立した部屋としては使いづらい傾向にあるのが横長タイプの特徴です

縦長タイプのメリットとデメリット

縦長タイプの場合は、リビングだけがバルコニーやベランダに面しています。その奥にダイニング・キッチンがあるので、キッチンやダイニングは横長タイプと比べると採光性がやや劣ります。

しかし、バルコニーやベランダに面した部屋を一室確保できるので、独立した部屋を持ちたいという方にはおすすめです。客間として使用することもできますし、お子様が大きくなった時に子供部屋として活用することもできます。また、壁も多いので家具を配置しやすいというのもメリットです。

板橋区でマンションを探しているなら、ぜひ徳丸住宅販売をお役立てください。徳丸住宅販売では店舗のある板橋区を中心に、中古マンションや一戸建て、土地の販売・売却・仲介を行っています。

より価格の安い物件をお探しの方向けに、1,500万円以下の中古マンションもご用意していますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

板橋区で中古マンションをお探しなら

会社名株式会社徳丸住宅販売
住所〒175-0083 東京都板橋区徳丸2丁目14−6
TEL03-3550-3666
FAX03-3550-3663
MAILinfo@toku-maru.co.jp
URLhttp://www.toku-maru.co.jp/
代表取締役三根 憲史
資本金3000万円
事業内容不動産の売買 ・ 仲介業務
中古マンション ・ 新築一戸建 ・ 中古戸建 ・ 土地の販売
賃貸住宅 ・ 一棟マンション等の販売
賃貸管理 ・ 賃貸仲介業務
設立1979年3月2日
所属会員(社)東京都宅地建物取引業協会
(社)全国宅地建物取引業協会
免許番号東京都(8)第56307号
主要取引銀行■りそな銀行
■三井住友銀行
■みずほ銀行
■三菱東京UFJ銀行
■西京信用金庫
■東京信用金庫
■巣鴨信用金庫
グループ会社株式会社MTデザイン (旧:株式会社まるとくリフォーム)
〒175-0083 東京都板橋区徳丸2-14-6
フリーダイヤル:0120-117-304
TEL:03-3550-3684 FAX:03-3550-3685
★詳しくはコチラをクリック!★

店舗紹介



板橋区分譲マンションギャラリー
お客様の声
スタッフ紹介
スタッフブログ

徳丸住宅販売のマンションリフォーム

住宅ローン相談
板橋区 学区一覧
板橋区役所


ページトップへ