ホーム  >  マンションを売却するにあたりリフォームは行うべきなのか

マンションを売却するにあたりリフォームは行うべきなのか

マンションを売却するにあたり、リフォームはするべきなのかと悩む方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、老朽化がひどい箇所はリフォームをした方が購入希望者が現れる可能性は高いですが、費用をかけ過ぎると損をしてしまうこともあります。板橋区で不動産査定をご希望の際は、ぜひ徳丸住宅販売へご依頼ください。

リフォームに費用をかけると損をする可能性が高い

リフォームに費用をかけると損をする可能性が高い

マンション売却を検討した場合、リフォームをした方がよいのではないかと多くの方が思うかもしれません。しかし、マンションの価値は築年数が大きく左右します。

物件価格にリフォーム費用を上乗せした価格で売却できるとは限らないため、損をしてしまう可能性が高くなるのです。また、内装はリフォームをすればきれいになりますが、建物そのものをリフォームすることはできません。

築年数が浅ければ長く安心して住めるマンションとなり、中古としての価値も高くなります。近年中古マンションの購入を検討している方の多くが、購入後にリフォームすることを前提にしています。

そのため、内装が多少古くなっていても、安い物件を探す傾向にあるのです。自分の好みでリフォームしたとしても、それが売却額のアップにつながるとは限りません。

中古マンション購入希望者が注目するポイントとは

中古マンション購入希望者が注目するポイントとは

中古マンションの購入希望者が内覧に訪れた際、良い印象をもってもらうためにも、購入希望者が注目する様々なポイントを把握しておきましょう。

まず注目すべきポイントは、キッチンやバスルームなどの水回りの使用状況や、ドアや窓の開閉がスムーズに行えるかどうかです。網戸の破れや壁紙・床の汚れにも注目しています。このような設備面はリフォーム費用に大きくかかわることにもなるので、購入費用とプラスしてチェックされるポイントとなります。

判断が難しければ業者に相談するのがおすすめ

中古マンションの購入希望者は内覧を行うことになるため、できる限り内覧時に好感度を上げる必要があります。しかし、リフォームを行う必要はなく、しっかりとクリーニングを行えば十分です。特に購入希望者が気にしやすい水回りなどは念入りに掃除をしておきましょう。

また、あまりにも劣化が激しい箇所があるのであれば、壁紙の張り替えや畳の交換、ハウスクリーニングなどの簡易的なリフォームを行っておくのも一つの手段となります。

このような判断はなかなか素人には難しいため、仲介業者に相談するのがおすすめです。

板橋区で不動産査定を依頼するなら、無料査定を行っている徳丸住宅販売へお任せください。徳丸住宅販売では、豊富な経験と実績を活かして不動産売買のサポートをいたします。

板橋区周辺からの不動産査定のご依頼や、相続した不動産の売却に関するご相談もお待ちしています。

板橋区の不動産査定は徳丸住宅販売へ

会社名株式会社徳丸住宅販売
住所〒175-0083 東京都板橋区徳丸2丁目14−6
TEL03-3550-3666
FAX03-3550-3663
MAILinfo@toku-maru.co.jp
URLhttp://www.toku-maru.co.jp/
代表取締役三根 憲史
資本金3000万円
事業内容不動産の売買 ・ 仲介業務
中古マンション ・ 新築一戸建 ・ 中古戸建 ・ 土地の販売
賃貸住宅 ・ 一棟マンション等の販売
賃貸管理 ・ 賃貸仲介業務
設立1979年3月2日
所属会員(社)東京都宅地建物取引業協会
(社)全国宅地建物取引業協会
免許番号東京都(8)第56307号
主要取引銀行■りそな銀行
■三井住友銀行
■みずほ銀行
■三菱東京UFJ銀行
■西京信用金庫
■東京信用金庫
■巣鴨信用金庫
グループ会社株式会社MTデザイン (旧:株式会社まるとくリフォーム)
〒175-0083 東京都板橋区徳丸2-14-6
フリーダイヤル:0120-117-304
TEL:03-3550-3684 FAX:03-3550-3685
★詳しくはコチラをクリック!★

店舗紹介



LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)優良店認定

https://sonwosinai-akiyafurukatsuyou.com/archives/65647

板橋区分譲マンションギャラリー
お客様の声
スタッフ紹介
スタッフブログ

板橋区 学区一覧
板橋区役所



ページトップへ